Search

検索

【就職活動】オシャレすぎるゲーム会社に面接に行ってみた!

あやのと天のぷらり旅

(株)Razest

みなさんこんにちは!蛯原天です。
突然ですが、あやのさんと出会ってから、6年経ちました。

イギリス留学や、Ustream人気配信者として人生を歩んできたあやの。
コスプレタレントとして、蟻を食べさせられていた蛯原。

(株)Razest

全く別の人生だった二人が出会ったのはとある企業のインターネット生放送番組。
そこから駆け抜けた6年、人には経験できないほどの沢山の経験を、共有してきたふたり。

しかし、ここにきて私達二人に共通して欠けている経験があることに気づいてしまったのです。
それは…

(株)Razest

今回は、私達に足りない就職活動を経験するため、大阪にありますゲーム制作会社、株式会社Razest(ラゼスト)さんにお邪魔しました!

(株)Razest

(株)Razest

すごくステキなオフィス!

(株)Razest

カフェみたい!そして、家みたい!

(株)Razest

現れたのは、株式会社ラゼスト代表取締役社長の木村仁さん。(お、お若い…!)

魅力的なオフィスに、一瞬で心奪われるわたしたち。まずは株式会社ラゼストさんについてお話をお伺いいたします。

── どういった経緯で会社を作られたのでしょうか。

(株)Razest

ずっとサラリーマンとして塾の先生をしていたところから、3年程ガラケーのコンテンツ会社で働いたのち、ゲームをつくりたいと思い2006年に立ち上げました。今年でちょうど10周年です。
その時携帯のサービスですとGREEさんなどはありましたが、アバターサービスがメインで、ゲームはなかったんです。
また、キャリアごとのアプリケーションの壁を越えて遊べるものがなく、WEB系ゲームだったらどのキャリアの人も壁を越えて遊べるのではないかと思い始めました。
基本プレイ無料、アイテム課金制、カードの進化システムなど、今の携帯ゲームであたりまえとなっていることを最初に提案してきた会社だと思います。

── 今の時代を作ったと言っても過言ではないですね!

同じようなシステムのゲームが大手企業さんからも増える中で、逆境も感じることもありましたが、「私たちは流行ってるものを作るんじゃなくて、作ったものが流行ったんだ」という原点に立ち返り、ゲーム制作をしてまいりました。

その中で特にヒットしたのが、株式会社シンクタンクさんと共同開発した、コロプラゲーム、「戦国いろは」そして「ジョリーロジャー」
コロプラさんの「位置連動ゲーム」という強みを生かし、「戦国いろは」の場合は、合戦(対戦)時、今自分のいる場所の天候と連動させることで、雨の時は火縄銃使えないなどの制限を作ったり、実際の土地を奪い合ったりという臨場感。
「ジョリーロジャー」の場合は、ゲット出来る各都道府県の特産品1万個を、その地域のブログを読み漁るなど、とにかく細かに調査して、全部オリジナルの文章で書いたことにより、その地域に住む人から驚きの声をいただけるゲームとなりました。

(株)Razest

そういうところに時間を費やすとコンテンツが長生きするということがわかったんです。
未だに2つのゲームは4年、5年と長生きしてくれています。
リスクのとりかたをどこでとるか。
大手の企業さんに出来る、多くの作品を作り、どれがヒットするかと言うリスクに対し、私たちは一つのものに時間をかける代わりに、長生きさせるということを考えています。
作品数を出して24時間管理して…というものは、僕達がやってもかなわないですからね。(笑)

── 職人ですね。

そうですね、でも流行はなぜ流行しているか、など時代に合わせ学ぶことは学びます。
ただ自分達にしかできないことを探していくという原点を大事にしています。

── 今一番必要としている人材ってどんな人ですか?

技術の有無ではなく、「面白いなこの子」と思ったらしっかりと見ていきますね。
「本当に好きな人」であれば、技術はあとでついてくると思っています。
現在のプログラマーも、プログラムできないまま入社してる子もいっぱいいます。

(株)Razest

家族より長い時間一緒にいる社員という存在。影響を与えあうので「何かいい影響与えてくれるな」という感覚を大事にしています。
社会なので、色んな人がいて、色んな影響がある方がよりよい会社になると考えています。
ただ、自分だったらこの会社は受からないなと思います(笑)

── なぜそう思うんですか?

今の子優秀じゃないですか!すごい優秀!みんな真面目だし!私は不真面目ですから!
頑張りどきだと思って、頑張るのは自分のためにいいと思いますけど、真面目故に根をつめている社員さんがいるときに、帰ろうや!っていうのが社長の役目かなとは思っていますね。

── この空間もそういった思いが詰まってるんですかね。

遊んでほしかったんですよ。ガチでゲームして、ガチで遊んで、本気でやったら面白いと思うんですよ。これどうやってやったら勝てるのかなと探求したり、七並べなのに、負けたらすごい恥ずかしい話を話さなきゃ行けないと、罰ゲームをつけたら皆本気になるでしょう。
しょうもないことを本気でやるというのが凄く好きです。

アイデアの源泉というのはそこにあるんじゃないかと。
すごいことを思いつこうとするのでなく、何かを本気でやるから、ここに面白さがにじみ出てくる。企画ってそういうものかなと思います。

机もサイズにこだわりました。
ボードゲームが出来るサイズにしました。ここで本気で遊べるように。
普通のミーティングしていることもありますけどね。ここで話したら和やかになりますから。

(株)Razest

── それでは社長、突然ですが私達履歴書を持ってまいりましたので、面接をしていただけますか?

<天の履歴書>

(株)Razest

(株)Razest

え…(経歴は)本当ですか?

(株)Razest

女優を志すも、金髪にしていたせいで当時北斗晶さんに似ていたため、来る役は女子プロレスラーの役ばかりでした。

(株)Razest

なんで…そこからライター、え、タレントに…(困惑)

(株)Razest

頂いたお声にノーと言わずやり続けた結果、タレントなど表にでるお仕事から、文字を書くお仕事など、言葉を扱うお仕事に携わる機会が増えたように思います。(←まじめ)

(株)Razest

なるほど。現在、専門学校ではプロゲーマー養成などもあり、内定も出ていると聞いています。広告塔として会社として囲うということですね。
PS4などにもシェア機能など、自分のプレイをインターネット上に共有できる時代が来ました。そうなるとやはり上手い人のプレイをみたくなる。操作して上手いというのは、昔からこども達のスターでしたよね。そういうスキルあるプレイヤーのインターネット放送局を各社、もしくはゲーム毎に持つのが、これから当たり前になるんだと思います。
ライターも構成もやってるんでしょ?全部できるじゃないですか!「そういった部署そのものを作って下さい」ということで採用したいです。

(株)Razest

ありがとうございます!


<あやのの履歴書>

(株)Razest

 

(株)Razest

…これ…は、難しいのが来たぞ。電話番号が秘密やから、連絡とられへんし。。え、バドガール?

(株)Razest

そうなんです、イベントでのお仕事だったんですが…、イベント好きなんですよね!

(株)Razest

パリピです。

(株)Razest

(株)Razest

え!なにこれ、英国王室結婚式…?

(株)Razest

イギリス留学時、ケータリングのウェイトレスのアルバイトをしていまして、ウィンザー城にてお仕事をさせていただきました。「庭が綺麗だからって勝手に外に出たら、警告無しで撃ちます」って言われるんですよ。

(株)Razest

生放送もご自分でされていたんですよね?
母国語以外で英語出来て、カメラに慣れていて、いくらでもお金になると思いますよ!うちじゃなくてもどこでも必要とされる存在だと思います!

(株)Razest

特技がありまして、ちょっと披露させて頂いていいですか?

(株)Razest

(株)Razest

ここでお会いした記念に、鼻笛を社長にプレゼントさせて頂きます。
じゃあ一緒に。鼻から息を吹き出す感じで…

(株)Razest

 ほーん♪ ほーん♪

(株)Razest

あ!社長飲み込み早いですね!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

(株)Razest

(この人は本当にどこでも生きていけるんだろうな。)

── 10周年という節目を迎え、今後はどういった展開をお考えですか?

私自身は塾の先生だったんで、いずれは教育に関わっていきたいと考えています。

覚えさせられる勉強は楽しくないじゃないですか。
ある一定の頭の良さっていうのはあるけど、興味持ったからプロフェッショナルになっていくというスキルアップもありますよね。

スマートフォンやインターネットが普及し、勉強一つとっても様々な勉強方法が生まれてきました。でも結局勉強って飽きるじゃないですか。三日坊主になったり。
そのときに、私たちがゲーム制作で培ってきた「飽きない仕組み」「長生きする仕組み」が生きるんじゃないかなと思うんですよね。
プレイヤーさんに続けてもらうということを考えて、これまでやってまいりました。そのノウハウが教育に生かせないかと考えています。

(株)Razest

ありがとうございました!

Comment

コメント

もっとコメントを読む

(株)Razestについて

続きを読む

この記事を書いたDIGGER

あやのと天のぷらり旅

あやのと天のぷらり旅

ITジャーナリストAyano*とタレント蛯原天があなたの街にぷらりと訪れフカボリます。

Ayano*(あやの)
東京都出身。最近のマイブームはファッションレンタル。飛ぶ鳥を落とす勢いのイケイケITジャーナリスト。
Twitter ID:@AyanoTDO

蛯原天(えびはらてん)
伊豆大島出身。タレント。まさに東京で心もお金も消耗してる田舎者。
Twitter ID:@ebihara_ten
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このDIGGERの他の記事