Search

検索

黒井城跡の早朝ノルディック登山

Shinji Fujikawa

黒井城

これは、12/11の早朝です。

夜明け前から、たくさんの方々が登って来られます❗

黒井城

ちょっと曇り空の雲海❗

シルエットぐらいが、ちょうどイイ❗(^_^)✨

Comment

コメント

もっとコメントを読む

黒井城について

黒井城は**赤井直正**(荻野直正)の居城として知られています。直正は**織田信長**に臣従するも、のちに山名氏と交戦状態に入ったことに伴い、信長と敵対することになりました。信長は1575年(天正3年)**明智光秀**を総大将に丹波国征討戦に乗り出し、黒井城も包囲され一度は撃退するも、直正の病死の影響もあり1578年(天正6年)に落城しました。光秀は**斎藤利三**を城主に任じ、利三の娘である春日局(幼名:福)はこの地で生まれています。その後、光秀が「**山崎の戦い**」で敗れると**羽柴秀吉**の家臣であった**堀尾吉晴**が入城しています。現在、城址は整備されており、土塁や石垣など遺構を確認することができます。また時期によっては山頂の本丸跡から雲海を見ることもできます。提供元:(C)攻城団よみがな:くろいじょう曲輪構成:輪郭式縄張形態:山城標高(比高):356.000m(--)天守メモ:天守の礎石とみられる石の配列が詳細は不明。築城主:赤松貞範築城開始年、完了年:建武年間(1334年〜1338年)廃城年:1584年(天正12年)主な改修者:赤井直正、斎藤利三、堀尾吉晴主な城主:赤松氏、赤井氏、斎藤利三、堀尾吉晴、川勝秀氏遺構:石垣、空堀、郭跡、堀切、土塁等指定文化財:国史跡<駐車場について>無料(約10台)<電車でのアクセス>- JR福知山線・黒井駅から登山口まで徒歩約10分 <車でのアクセス>- 舞鶴若狭自動車道・春日ICから10分<駐車場について>無料(約10台) 続きを読む

この記事を書いたDIGGER

Shinji  Fujikawa

Shinji Fujikawa

阪神間で、毎日「ノルディックウォーキング」を楽しんでおります❗
エエとこいっぱい紹介しますねぇ❗
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このDIGGERの他の記事