Search

検索

大正ロマンを深掘る×猪

はたさん

大正ロマン館

「大正ロマン館」
その名の通り1923年(大正12年)に旧・篠山町役場として竣工したロマン溢れる西洋館。
篠山市の観光の窓口として風情をあらわしている。
ここで記念撮影する光景にもよく見かけます。

大正ロマン館

篠山の名物が集まった篠山ならではの魅力がいっぱい詰まってます。

大正ロマン館

篠山といえば「猪」そしてぼたん鍋。
この日、大正ロマン館の中のレストランで
3月末までの期間限定の「猪の角煮丼」をいただきました。しかも丹波篠山が誇る丹波焼の器で。
篠山の極みですね。

大正ロマン館

アップでどうぞー

大正ロマン館

猪なべやきうどん。

大正ロマン館

猪肉がトロトロっのビーフシチューならぬ猪シチュー

大正ロマン館

何よりも大正ロマンの深さを感じたのがこのアイスの装いでございました。
大正だね~
ロマンだね~

Comment

コメント

もっとコメントを読む

大正ロマン館について

大正12年に建築された、旧篠山町役場を保存利用した観光拠点となる施設です。大正ロマネスクを感じる雰囲気と丹波篠山の特産品が味わえます。館内にはレストランやテイクアウト専門ブース、売店などが充実しています。平成18年7月に、外観、売店、レストランの改装を行い、明るく清潔感の漂う施設となりました。売店では、丹波篠山の特産品を使ったお土産物や、季節毎に変わる催事特選コーナーがおすすめです。レストランでは、丹波篠山の特産物を使った洋食を中心に、自家製のスイーツや黒豆のジュースなど地元篠山ならではのメニューを味わっていただけます。 続きを読む

この記事を書いたDIGGER

はたさん

はたさん

2016年に篠山写真部はじめました。
SONYα6000でほぼオート撮影です。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このDIGGERの他の記事