Search

検索

武士の粋

退会済みユーザー

篠山市立武家屋敷安間家史料館

戦道具には美しい細工。

篠山市立武家屋敷安間家史料館

意匠を凝らした家紋。

篠山市立武家屋敷安間家史料館

調度品は単調な装いとならないような工夫が。

篠山市立武家屋敷安間家史料館

猛々しさと美しさが調和した鎧。

篠山市立武家屋敷安間家史料館

屋内のちょっとした箇所にも細工が施されている。

Comment

コメント

もっとコメントを読む

篠山市立武家屋敷安間家史料館について

安間家史料館は天保元年(1830年)以降に建てられた武家屋敷で平成6年(1994年)10月から翌平成7年3月にかけて全面的な改修を行い、史料館として一般に公開しています。<安間家の概要>天保元年(1830)以降に建てられた武家屋敷で代々安間家の住宅として使用されてきました。 禄高12石3人扶持(天保8年頃)の徒士住宅で、入母屋造,茅葺きで間口6間半(13m),奥行7間半(15m)の曲屋であり、建築当初の形を今によく残しており、平成6年(1994年)3月23日付けで、篠山市の指定文化財となっています。<展示品>内部には、安間家に残された古文書や日常に用いられた食器類や家具を始め、その後寄贈を受けた篠山藩ゆかりの武具や資料を中心に展示しています。 続きを読む

この記事を書いたDIGGER

このエントリーをはてなブックマークに追加

このDIGGERの他の記事