Search

検索

青空の風景

c.shibasaki

篠山市立武家屋敷安間家史料館

鏡に映る青空と風景が好きです

篠山市立武家屋敷安間家史料館

青空がくっきり映り込みました。晴天ではないけれど篠山の澄んだ空気の空は気持ちよかった。

篠山市立武家屋敷安間家史料館

河原に車を停めて車から降りると水面がキラキラ光る川が目に飛び込んできました。

篠山市立武家屋敷安間家史料館について

安間家史料館は天保元年(1830年)以降に建てられた武家屋敷で平成6年(1994年)10月から翌平成7年3月にかけて全面的な改修を行い、史料館として一般に公開しています。<安間家の概要>天保元年(1830)以降に建てられた武家屋敷で代々安間家の住宅として使用されてきました。 禄高12石3人扶持(天保8年頃)の徒士住宅で、入母屋造,茅葺きで間口6間半(13m),奥行7間半(15m)の曲屋であり、建築当初の形を今によく残しており、平成6年(1994年)3月23日付けで、篠山市の指定文化財となっています。<展示品>内部には、安間家に残された古文書や日常に用いられた食器類や家具を始め、その後寄贈を受けた篠山藩ゆかりの武具や資料を中心に展示しています。
続きを読む

この記事を書いたDIGGER

c.shibasaki

c.shibasaki

写真が好きで、毎週どこかへ行っているうちにたくさんの友達が出来ました。ノルディックウオーキングに出会え、今はウオーキングと撮影のセットで楽しむ事が出来ています。これからも素敵な写真を撮りながら一生歩ける身体へと鍛えていこうと思います。
続きを読む