Search

検索

【URL+コメント】河原町妻入商家群の周辺のオススメのグルメを教えて

【URL+コメント】河原町妻入商家群の周辺のオススメのグルメを教えて

丹波篠山は、ボタン鍋、黒豆(黒枝豆)、篠山コシヒカリ、丹波栗、丹波松茸、丹波茶などの たくさんの特産物の宝庫です。
お酒は丹波篠山のお米と良質な名水が織りなす絶妙の味で、焼き物はご存知、丹波焼きや王地山焼。

せっかく丹波篠山で時間を過ごすのであれば、丹波篠山で産まれ育った特産物を楽しんで欲しい!
そんな、あなたが知っているオススメの丹波篠山だからこそ楽しめるグルメ情報を教えてください。

募集は終了しました
募集は終了しました

Infomation

ミッション情報

【URL+コメント】河原町妻入商家群の周辺のオススメのグルメを教えて

募集期間:2016年12月25日 〜 2017年03月12日
応募方法:DIIIGに登録の上、テーマに沿った投稿をしてください。

■注意事項
被写体が人物の場合は、ご本人の承諾を得た上でご応募ください。

河原町妻入商家群について

篠山城築城の際に、城下町の整備がなされ、京への玄関口である河原町が最も早く着手されました。当時から代を重ねて住み続けている人も多く、5メートルから8メートルほどの狭い間口と、奥行きが非常に深い妻入りの商家が軒を連ねます。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、千本格子や荒格子、袖壁、うだつなどが往時の城下町の姿を今に伝えています。また、城下町形成時に防御施設として建てられた真福寺や観音寺、藩主の菩提寺であった本経寺が町並みのポイントとなっています。(参考:篠山まちなみ保存会 下河原町伝建保存会編集発行「城下の佇まいに息づく暮らし河原町」)現在では、古民家を利用した新たな店舗も増えつつあり、歴史的な町並みを眺めながらの散策をおすすめします。
続きを読む

このミッションを考えたDIGGER

丹波篠山日本遺産DIIIG委員会

丹波篠山日本遺産DIIIG委員会

丹波篠山の代名詞ともいえる「デカンショ節」。
昔から歌い継がれてきた この「デカンショ節」は丹波篠山が発祥地とされ、時代ごとの風土や名所、名産品などの地域の文化遺産や産物を大切に、そして誇りにしてきたかを感じることができる唄です。
「デカンショ節」の唄の歌詞には、たくさんの地域のフカボリが込められています。 そんな「デカンショ節」のストーリーのテーマとして選ばれた日本遺産を訪れて、あなたの「デカンショ」を見つけてみませんか? 実際に訪れて “見て”“感じた”ことをDIIIGに投稿し、多くの人々と丹波篠山で得た体験「デカンショ」のフカボリを共有しましょう! そして、新たな「デカンショ節」を生みだしていきましょう。
続きを読む