Search

検索

「再度山 納涼ハイク&【再度山荘】スペアリブランチ」に参加してきました!

ミズウラ

再度山(ふたたびさん)

7月23日に開催されたフカボリASOBI、「再度山 納涼ハイク&【再度山荘】スペアリブランチ」に参加してきました!

山の中をノルディックウォーキングで登った様子と、美味しいスペアリブランチのご紹介です!

再度山(ふたたびさん)

まずは諏訪神社までノルディックウォーキング。
ここの階段が急で地味につらい!

再度山(ふたたびさん)

今回、フカボリASOBIを企画していただいた藤川さん。

ノルディックウォーキングの方法や、先導もしていただきました。

お狐さまと一緒にポーズ!

再度山(ふたたびさん)

ここでポールを山モードにチェンジ!

土が多いので引っかかるようにしないといけません。

先はチタンなので振り回すととても危ないです注意!

再度山(ふたたびさん)

諏訪神社で準備体操を終えたあとはどんどん山を登っていきます。

ポールを使っているので脚だけの負担にならず、登りやすいです。

再度山(ふたたびさん)

再度山(ふたたびさん)

そしてたどり着いたヴィーナスブリッジ。

再度山(ふたたびさん)

外を見れば、もうこんなところまで登ってきていました。

曇りだったのですが、日が当たっていないおかげで歩きやすいです。
地上の蒸し蒸しした空気がなくなって澄んできたのがわかります!
ずっとこんな暑さだったらいいのになあ!

再度山(ふたたびさん)

一息ついてからみんなで記念撮影!

再度山(ふたたびさん)

そしてまたどんどんと上へ登っていきます。
ここ、どこだかわかりますか?

神戸の人なら見たことあると思います。
あの山にライトアップされるイカリマークの部分なんです。

再度山(ふたたびさん)

歩きだして3時間ぐらい経って見えたのは、修法ヶ原池。大きいオタマジャクシを発見しましたよ!

ここまで来ると全身汗びっしょりです!
しかし不快じゃない!
そして辛くない!

再度山(ふたたびさん)

山の上は気温が低いせいか、今の時期にあじさいが咲いてました。きれいです!

再度山(ふたたびさん)

そしてお楽しみの再度山荘に到着!
時間は13時。いい運動をして、お腹もぺこぺこです。

再度山(ふたたびさん)

店の作りもきれいな再度山荘。

再度山(ふたたびさん)

外観もなんだかおしゃれです!

再度山(ふたたびさん)

お待ちかねのスペアリブです!
大きい!そして美味しい!
骨がきれいになるほど食べてしまいました!

再度山(ふたたびさん)

シーフードと香味野菜の串焼き

この串焼きが素材の味がとても出ていて美味しい!

再度山(ふたたびさん)

更に追加で頼んだマルゲリータピザ。

再度山(ふたたびさん)

スパイシーチキン

スペアリブに続いてのお肉でしたがぺろりといただきました。

再度山(ふたたびさん)

そしてここまでお腹いっぱいだと思っていたのに、入ってしまったリンゴのデザートピッツァ。

別腹とは恐ろしい…

再度山(ふたたびさん)

再度山荘でご飯を頂いた後は、1時間ほどで元町駅までノルディックウォーキングしました。

全身運動ができて、美味しいご飯が食べられて、大満足なフカボリASOBIでした!

藤川さんありがとうございました!

Comment

コメント

もっとコメントを読む

再度山(ふたたびさん)について

再度山は、六甲山地西部、神戸市中央区北西部、同市北区との区境近くにある、花崗岩質の山。一帯は昭和12年に造られた再度公園となっており、神戸を代表するハイキング・軽登山コースの一つ。車で行く際は再度山ドライブウェイを利用。神戸市営バス(25系統・三宮駅前発)は、4月1日~11月30日の土・日・祝日のみ運行。※2017年6月現在の情報神戸市営バス(7系統・三宮駅前発)の「諏訪山公園下」というバス停より登る人も多い。北麓からは湊川に連なる天王谷川が、北東麓からは生田川が、南麓よりは再度谷川が発する。錨山(碇山)、市章山等に隣接。・1982年に林野庁などが制定した「森林浴の森100選」・森林文化協会と朝日新聞社が制定した「21世紀に残したい日本の自然100選」・国の登録記念物に登録・2007年に「再度公園・再度山永久植生保存地・神戸外国人墓地」の名称で国の名勝に指定。山名の由来弘法大師(空海)が延暦23年(804年)に入唐するに当たって、船旅の無事と学問成就を念じてこの山(当時「摩尼山」と呼ばれていた)に参詣した。唐から戻った際、無事帰国できたことを感謝すべく、再び(再度)登山し修行した。この伝説に由来するといわれる。史跡・観光地[編集]再度山公園修法ヶ原池外周の遊歩道に、大龍寺、猩々池、再度山公園、修法ヶ原池、神戸市立外国人墓地等がある。 続きを読む

この記事を書いたDIGGER

ミズウラ

ミズウラ

DIIIG編集部のPR担当ミズウラです!
DIIIGを通じていろんな方と一緒に地域の楽しさを満喫中!

個人でもフカボリ記事を書いてますのでよかったらよんでくださいね。
https://diiig.net/user/scarecrow
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このDIGGERの他の記事